首页 - 我们的头条 - 02,玉溪,宜宾天气-实用列表新闻,每日整理,还原事实

02,玉溪,宜宾天气-实用列表新闻,每日整理,还原事实

发布时间:2019-05-13  分类:我们的头条  作者:admin  浏览:173

日本平成年代的三十年,是民放电视剧百家争鸣的年代。

最早摆开年代帷幕的,就是以富士电视台为首的トレンディドラマ(偶像剧)注释①。

之后,日本台电视剧主攻特立独行的人物,到了平成后半期,开辟长命系列剧的朝日电视台确立了新的道路,TBS台日剧成了高质量的代表。

不过跟着数字录像机的遍及,实时观看电视剧的群众骤减,收视率遍及下降,录像回看越发受欢迎。与此同时,日本电视剧制造的商业模式也开端发生了改变。

接下去让我们从“民放电视剧的改变”这一视点来回忆平成30年的日剧前史吧。

注释①:トレンディドラマ,即trendy drama(追逐盛行的影视著作),日本造词。trendy drama(偶像剧)指的是在1990年前后播出的爱情剧。

偶像剧的兴衰成败

トレンディドラマの栄枯盛衰

平成年代始于偶像剧的鼓起。

平成はトレンディドラマの勃興の中で始まった

偶像日剧的界说,指的是描绘日子在城市中的男女爱情和盛行趋势的现代电视剧。其方针群体,则是在泡沫经济年代愿望无限胀大的年青女人们。

都会に生きる男女の恋愛やトレンドを描く現代ドラマ、これがトレンディドラマの定義のようだ。ターゲット層は、バブル景気で夢を膨らませた若い女人たち。

主演大多为当年的人气男女艺人,其扮演人物也都是所谓的“片假名工作”,如:广告代理、电视台、设计师等。反映当下的热门、时髦、工作、日子方式等,也是偶像剧的一大特征。

主役たちは、放送当時の旬な男優や女優。役柄は広告代理店・テレビ局・デザイナーなど、いわゆる“カタカナ職業”が多かった。話題のスポット、ファッション、アイテム、ライフスタイルをドラマに反映させる点が“トレンディ”ということらしい。

打头阵的是《男女七人夏物语》(1986年)和《男女七人秋物语》(1987年)这两部TBS台的剧,剧中明石家秋刀鱼和大竹忍即兴的台词令人形象深入。

先鞭をつけたのはTBS。明石家さんまや大竹しのぶなどがアドリブ的セリフで強烈な形象を放った『男女7人夏物語』(1986年)、『男女7人秋物語』(87年)だった。

而富士电视台则以量产工作和学校电视剧来反扑。

ところがフジテレビは、業界ドラマや学園ドラマを量産することで巻き返していく。

《东京爱情故事》——织田裕二、铃木保奈美

1991年(平成3年),富士台《东京爱情故事》和《第101次求婚》大热。同年,周一晚9点档的4部著作年均匀收视到达21.5%。富士台看板黄金档——月九诞生。

1993年(平成5年),江口洋介主演的《同一屋檐下》收视率28.4%,《爱情白皮书》(石田光、筒井道隆、木村拓哉主演)收视率27%,年均匀收视率上升到23.2%。

1997年(平成9年),木村拓哉主演的《悠长假日》收视率打破30.8%,年间均匀收视率到达25%,“木村年代”正式到来。

《爱情白皮书》

《悠长假日》

偶像剧迎来了以富士月九档为中心的鼎盛期。

但是这个气势,却开端走下坡路。

月九剧史上最高收视纪录,是2001年由木村拓哉主演的《律政英豪》,收视率为34.3%。当年的年度均匀收视率超越20%。但是在第二年却下跌至15%,这也是富士台榜首次掉下20大关。

《律政英豪》

富士月九年度收视推移表:

即便如此,单剧均匀收视率超越20%的著作依然不少,像是、《冰上恋人》(木村拓哉,2004年),《极速引擎》(木村拓哉,2005年),《西游记》(香取慎吾,2006年),《神探伽利略》(福山雅治,2007年),2004~2008年的(月九档)年均匀收视率仍旧超越了15%。但是在2009年之后,15%以下的收视率状况现已成为粗茶淡饭,2016年乃至呈现了年均匀收视率个位数的尴尬局势。

それでもクール均匀が20%を超えた『プライド』(木村拓哉:04年)、『エンジン』(木村拓哉:05年)、『西遊記』(香取慎吾:06年)、『ガリレオ』(福山雅治:07年)などにより、04~08年は年間均匀15%超と気を吐いた。ところが09年以降は15%未満が一般となり、16年には遂に年間均匀で一桁という不名誉な記録を出してしまった。

2017~2018年,也难以逃脱年均匀收视率个位数的窘境。上一年夏日档今后,《绝对零度》(泽村一树主演)、《SUITS》(织田裕二主演)、《Trace~科搜研的男人》(锦户亮主演)三部的均匀收视率别离回归到两位数,但这也不过是刑侦局或律政剧的成效算了。以主攻帅哥美人、走在顶级的工作、论题区域或时髦的偶像剧,在如今的月九剧中彻底没了影子。

その後も17~18年は、年間均匀で一桁から脱出できずにいる。上一年夏以降、『絶対零度』(沢村一樹)、『SUITS』(織田裕二)、『トレース』(錦戸亮)と二桁を回復しつつある。ところが刑事モノあるいは弁護士モノで攻めた結果だ。旬な美男美人、先端を行くカタカナ職業、話題のスポットやファッションで攻めたトレンディドラマのテイストは、今の月9からは彻底に影をひそめてしまった。

木村拓哉x竹内结子的《冰上恋人》是月九史上第二高收视率的日剧。

2007年,福山雅治x柴崎幸《神探伽利略》。

2018年,翻拍同名人气美剧《金装律师》,主演织田裕二。

东爱组复生,均匀收视10.7%

极点的人物打造

極端なキャラクター

尽管不像富士台打造的偶像剧道路那么具有清晰的界说,日本电视台(NTV)的电视剧在这三十年来,也树立起了自己的一大特征。

フジが打ち立てたトレンディドラマ路線ほど明確な定義は難しいものの、日テレのドラマもこの30年で一つの特徴を打ち出してきた。

日本电视台迈出的榜首步,是由安达祐实主演的《无家可归的小孩》(1994年),这部剧打破了富士台自1982年以来接连12年的三冠王记载。故事描绘了遭到家庭暴力的少女,在不公平的社会上不怕困难,尽力日子着的故事。主人公名台词“怜惜我的话就给钱!”因其激烈的冲击力荣获当年的新语·盛行语大奖。而其时关于争夺能取得收视率的人气艺人好不容易的日本电视台来说,使用极点人物和超卓的策划才能,与富士台的偶像剧进行对立。尽管不如偶像剧量产相同那么多,但作为一种踏踏实实的道路,在观众的记忆里留下了深入的形象。

その榜首歩は、フジが82年から続けて来た12年連続三冠王を日テレが破った94年放送の『家なき子』(安達祐実)。家庭内暴力を受ける少女が、理不尽と困難に負けずに生きていく様を描いた物語だった。「怜惜するなら金をくれ!」という主人公のセリフが、新語・盛行語大賞に選ばれるほど強烈なインパクトを持った。当時、視聴率のとれる人気俳優のブッキングが困難だった日テレは、極端なキャラクターと企画力で、トレンディドラマのフジに対抗しようとしたという。トレンディドラマほどの量産には至らなかったが、着実に一つの路線として視聴者の記憶に残って行った。

《无家可归的小孩》

还有适当一部分90后杰尼斯女孩们的“入坑作”《极道鲜师》——

2002年,《极道鲜师 1》主演仲间由纪惠,共演者有

松本润、小栗旬、成宫宽贵、松山研一等

2005年,龟梨和也、赤西仁、小池彻平、水嶋宏等人参演《极道鲜师 2》

该剧最高收视32.5%。

除了极道鲜师,当年以压倒性的力气型教师人物风行一时的学校剧怎能少了天海祐希的《女王的教室》:

而NTV走这条路的结尾,就是《家政妇三田》(松岛菜菜子主演,2011年)。无表情又奥秘的家政妇作为主人公的本剧,终究回取得了40%的高收视率,创下日本电视剧史上第四的好成绩。而这条道路,由北川景子主演的《卖房子的女人1&2》承继了下来。

そしてこの路線の到達点が『家政婦のミタ』(松嶋菜々子・11年)だろう。常に無表情でミステリアスな家政婦が主人公で、最終回の40.0%は高視聴率ドラマの歴代4位となる大記録だ。この路線は『家売るオンナ』(北川景子:16年)や本年冬クールの『家売るオンナの逆襲』に踏襲されている。

日本电视台在剧本制造上加强了娱乐性的演绎,描绘特性杰出,不显露情感的女人主角的故事成为了他们拿手的范畴。从愿望爱情的女生到战疆场女斗士的改变,令日本电视台摆开了与偶像剧不相同的帷幕。

日テレはバラエティ色を強めるなど表演を進化させている。それでも強烈な個性、特に爱情をあまり表出させない女人の主人公が活躍する物語が、满意パターンになっている。男女の恋愛を夢見る女から戦う女へとシフトチェンジすることで、日テレはトレンディドラマとの差別化を果たしたと言えよう。

《家政妇三田》

《卖房子的女人》&《卖房女子的逆袭》

NTV台出品的电视剧总是能紧跟当下论题,本年冬天档的《3年A组》就是很好的证明:

2019冬天日剧,菅田将晖主演的《3年A组》成为当季黑马著作,故事引发全民评论。

人气著作的系列化

ヒットのシリーズ化

人气著作的系列化,也是平成日剧值得大书特书的一种类型。

ヒット作のシリーズ化も、平成ドラマで特筆すべきパターン。

首要,不得不说的是朝日电视台的刑侦悬疑剧。该电视台用系列化的电视剧牢牢确定观众,取得了相对安稳的收视率。周四晚8点档的“木曜悬疑剧场”、周三晚9点的“刑侦剧场”的人气剧系列皆成绩斐然。

まずはテレ朝の刑事モノ・ミステリーモノ。同局はシリーズ化で固定客を囲い込み、視聴率を安靖的にとろうとしている。木曜8時枠を“木曜ミステリー”とし、水曜夜9時枠は、“刑事ドラマ”とした。人気ドラマのシリーズ化で実績向上を図ってきたのである。

前者的代表,是本年走入第19个年初的《科搜研之女》(泽口靖子主演,1999年始)↓

后者的代表则是已播出了17季的《相棒》系列(水谷丰主演,2002年始)↓

朝日台其他的人气系列剧还有:《警视厅搜寻一课9系》、《Doctor-X》、《特搜9》和正在播出第三季的《紧迫审问室》。

《Doctor-X》——米仓凉子

《紧迫审问室》——天海祐希

该电视台工作日午后有3小时的日剧重播时段,在新系列播出前,都会以重播之前的系列作为宣扬。就此,该剧的榜首集全都以高收视率砍断。今季的《特搜9》也好,《紧迫取调室》也罢,都以15.2%的压倒性收视率开端。并且系列化的剧集,瞄准的也是现在占到电视观众半数以上的中老年人群为方针。

同局は素日午後に3時間のドラマ再放枠を持っている。新シリーズ放送前に、過去のシリーズを很多に再放送することで番宣としている。この結果、同局ドラマの初回はことごとく高視聴率でスタートしている。今期も『特捜9』も『緊急取調室』も、15.2%と圧倒的な数字で始まっている。さらにシリーズ化は、今やテレビ視聴者の過半を占める中高年を取り込む作戦として定着している。

故工作节,结构设定,上台人物,剧情的打开都现已耳熟能详,中老年人也能安心观看。而其成果,就是取得了安稳的收视率。

物語の設定や大枠、登場人物、ストーリー展開のパターンなどに馴染みや分かりやすさがあり、中高年が安心して見られる設計だ。結果として、安靖した視聴率をとるようになっている。

尽管不像朝日电视台那么直接,不过TBS的周日剧场也用了相似的系列化手法。

《半泽直树》——堺雅人 2013年

《罗斯福游戏》——唐泽寿明 2014年

《陆王》——役所广司 2017年

以上均都是池井户润原作改编的著作。除此之外,周日剧场也取得了“以少胜多”“卡司演技爆表”等赞誉,不断创下高收视率。其间《半泽直树》最高更是高达42.2%,杀进了日剧收视率榜前五。

除了看板档周日剧场,近年TBS也诞生出了不少好剧:

《重版出来》 2016

《四重奏》 2017

《非自然逝世》 2018

令和将会是多样化的年代

令和は多様性の時代

平成30年日本电视剧“尔虞我诈”,在各自的路上奔走着。而条件,就是数字化录像的遍及。

以上のように平成の30年間で、各ドラマは明暗があるものの、それぞれの路線を走ってきた。これらの条件には、デジタル録画機の遍及がある。

依据自己的闲暇时刻看电视剧、电影和动画片等节目,能不慌不忙地欣赏,这种需求现已日积月累,回看现已成了天经地义的工作。年代的改变也是重要的一点。

ドラマ・映画・アニメなどの番組は、自分の都合の良い時間に、じっくり見たいというニーズが高く、タイムシフト視聴が当たり前になってきた点が大きい。時代状況の変化も大きい。

泡沫年代坍塌,可以说是经济从“失掉的10年”变成了“失掉的30年”的低迷状况,加上日自己口的少子化和高龄化,年青人越来越难以对未来抱有夸姣梦想,偶像剧一般的国际观和爱情观现已无法让他们所承受。

バブルが崩壊し、経済は“失われた10年”から、“失われた30年”と言われるほど低迷した。少子高齢化も加わる。若年層が将来にバラ色の夢を抱くことが難しくなり、トレンディドラマのような国际観や恋愛観が受け入れられなくなった。

富士台月九剧的沉沦,朝日电视台和TBS新道路的鼓起就是最好的明证。别的跟着IT、数字化的开展,按需供给服务及精准定位信息的消费趋势越发高涨。即如持续一年的大河剧越来越不被看好,而换个年代,把身边女人日子作为焦点的晨间剧却越发稳健。

フジ月9が沈み、テレ朝やTBSの新路線が興ってきた理由だ。またIT・デジタルが進み、オンデマンドかつピンポイントに情報を消費する風潮も高まった。結果として、1年続く大河ドラマが受け入れられなくなってきた。逆に時計代わりで、身近な女人の日子に焦点を当てた朝ドラが安靖するようになった。

《海女》 2013上半年度晨间剧

电视剧的商业模式也开端产生了改变。例如加上录播回看的收视率、网络使用略、海外出售等。播送业界也从头审视了收视率的测算办法,对电视剧的媒体价值可以从头进行点评。在网络使用方面,开端转向网络广告费的获取。别的SVOD(网络流媒体)及海外出售等版权事务也开端遭到了注重。

ドラマのビジネスモデルにも、変化が生じ始めている。録画再生視聴率の加算、ネットでの使用、海外販売などだ。放送界は視聴率測定办法を見直し、ドラマの媒体価値を再評価できるようにした。ネットでの使用では、ネット広告費を獲る方向に向かい始めた。さらにSVODや海外販売など、ライツビジネスを重視し始めている。

即就是在电视剧业界,LGBT等非群众论题的内容也越来越多。不再以高收视率的为条件,而是越来越多从各个层面、各个视点踏踏实实地走好每一条道路。

ドラマの国际でも、LGBTなどマイノリティにスポットを当てるものなども増えている。従来のような高視聴率を条件にせず、多様な層を着実に取り込む路線が増えてきたのである。

《大叔的爱》 2017年

《老夫的裙子去哪儿》 2019年

《昨日的美食》 2019年

电视剧播出后的二次使用,将利益最大化成了重要环节。平成30年来的电视剧前史,正是一个从内容风格、商业模式走向多样化发展的年代。

放送後の二次使用がらみで、利益最大化させることが重要となって来ている。平成30年間のドラマ史は、正に内容・テイストと、ビジネスモデルの多様化が進んだ時代だったのである。

声明:该文观念仅代表作者自己,搜狐号系信息发布渠道,搜狐仅供给信息存储空间服务。
下一篇
快捷导航
最新发布
标签列表